毎年、サンタさんの追跡にワクワクしています。

Welcome to NORAD Tracks Santa

NORAD について/サンタを追跡する理由

50 年以上にわたり NORAD とその前身である CONAD(中央防衛航空軍基地)は、クリスマス イブのサンタの飛行を追跡してきました。

この恒例行事は、1955 年にコロラド スプリングスに拠点を置くシアーズローバック社が、子供向けに「サンタへの直通電話」を開設したときに、誤った電話番号を広告に掲載したのがきっかけとなって始まりました。サンタにつながるはずのその番号は、なんと CONAD の司令長官のホットラインの番号だったのです。子供たちからの電話を受けた当時の司令官ハリーシャウプ大佐は、サンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。そして、電話を掛けてきた子供たちにサンタの現在地の最新情報を順次伝えたことから、この伝統が生まれました。

1958 年、カナダと米国の両政府は「北米航空宇宙防衛司令部(通称 NORAD)」として知られる両国が共同運営する北米防空組織を創設しました。そしてそれが、サンタの追跡という伝統も引き継いだというわけです。

それ以来、NORAD の職員とその家族や友人の献身的なボランティアによって、クリスマスイブの子供たちからの電話やメールへの個別対応が続けられています。また、現在ではサンタの追跡にインターネットも利用しています。昨年、「NORAD Tracks Santa」ウェブサイトにはサンタの現在地を調べようと何百万件ものアクセスがありました。

そして今では、世界中のメディアもクリスマス イブのサンタの飛行経路に関する信頼できる情報源として NORAD の情報を採用しています。

<object width="320" height="265"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/MEgfVuoddII&hl=ja_JP&fs=1&color1=0x234900&color2=0x4e9e00"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/MEgfVuoddII&hl=ja_JP&fs=1&color1=0x234900&color2=0x4e9e00" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="320" height="265"></embed></object>

これはNORADが実際追跡した今年の日本でのサンタさん。
これみて涙がでたよ…

| メモ | comments (0) | trackback (0) |

いつも手を繋いで過ごした仲良し老夫婦、妻の死と同じ日に夫も亡くなる。

お互いを愛し合っている証として「死ぬ時は一緒」という文句がある。ずっと離れたくない気持ちを端的に表現した言葉だが、実際には同時に人生を全うするのは、ほとんど奇跡と言ってもおかしくないだろう。しかし、本当に深く愛し合っていたカップルなら、そんな驚きの出来事も起こせてしまうのかもしれない。

結婚59年目を迎えていた米国のある老夫婦は、療養所の同じ部屋の中である朝、ほぼ同時に亡くなった。不思議なことに、特に調子が悪い様子でもなかった妻は、「今日死んじゃうの」と告げた後しばらくして他界、直後に夫も息を引き取っていたことが判明したという。

この話題を伝えた米地方紙ノースウエストフロリダ・デイリーニュースによると、夫婦は79歳だった夫ジェームズ・ブラッキンさんと、76歳の妻ロリーさん。 2人はロリーさんが16歳のときにスケートリンクで出会ったそうで、すぐに駆け落ちして結婚した。寡黙な夫と、植物を育てるのが好きな妻は常に一緒。4人の娘にも恵まれ、年齢を重ねてもその親密さは変わらなかった。ずっとお互いを「ハニー」と呼び合いアツアツだった2人。孫たちは、当初ジェームズさんの名前が「ハニー」だと思い込んでいたほどだ。

2人の仲の良さは、娘から見ても相当なもの。子どもたちの前では、一切けんかをしたことがなかったという。三女のシンディー・スペンスさんは「私が10代の頃、両親は大きなステーションワゴンの車を持っていたけど、母はいつも父の隣に座っていました。どこか歩くときも、いつも手を繋いでいたんです」と、思い出を語る。

長女のキャロル・グルーバーさんは10年前、父親のある不安を耳にしていた。それは、「自分がもしも先に死んでしまったら」という話で、「私なしでロリーが幸せでいられるなんて、考えられないよ」と口にしたそう。若い頃からずっと一緒にいるのが当たり前だっただけに、相手がそばにいない感覚を受け入れるのは難しいと考えていたようだ。そんな2人にも老いは着実に忍び寄り、最近では記憶も疎くなっていた。さらにジェームズさんは、脳卒中を患ったほか、目も見えない状態に。ジェームズさんは四女ダナ・トラブルフィールドさんの家に身を寄せて世話をしてもらい、ロリーさんは療養所で暮らしていた。

ところが先日、ジェームズさんの容態がいよいよ思わしくないと分かった家族は、療養所にいるロリーさんと同じ部屋で看病してもらうことを決め、12月11日にジェームズさんを療養所へ。次の日の朝、一緒に食事をとった2人は仲良くテレビを見ていたが、やってきた看護助手にロリーさんが「私、今日死んじゃうの」と突然告げたという。しかし、看護助手は特段悪くも見えなかったため「大丈夫」とだけ答え、部屋を離れた。

それからしばらくして看護助手がロリーさんの部屋に戻ると、すでにロリーさんの呼吸は止まり、すぐにジェームズさんも息を引き取っていることに気が付いた。医師は「ジェームズさんはロリーさんが亡くなったことがわかり、ショックで他界したのだろう」と推測する。ただ、事情を聞いた四女ダナさんは、1人でいるのが嫌いだったロリーさんが、ジェームズさんを呼んだに違いないと感じているようだ。

12月16日、ジェームズさんとロリーさんの告別式は一緒に開かれた。駆け落ちだった2人は結婚式が挙げられず、いつか行いたいと夢見ていたそうだが、長女キャロルさんは「2人が居なくなって寂しい」とした上で、「こうした形になったことは嬉しい」と、夫婦同時の“旅立ち”には、喜びも感じているという。
Narinari.comより


59回ものクリスマスを一緒に過した二人。ステキな思い出が沢山あるんだろーね。
天国でもきっと手を繋いでいると思うよ。

いつまでもお幸せに…

Couple together for 59 years; die moments apart

| ニュース | comments (0) | trackback (0) |


この映画は、主人公のお爺さんの農業のように、「ない」ものが多い。韓国ドキュメンタリーの定番であるナレーションがない。大きな事件もおこらない。政治的メッセージもない。美しく格好いい若者もでてこない。描かれるのは、腰の曲がった老人二人と一頭の牛のみ。よろよろとした足取りで荷車をひく老いぼれ牛の動きのように、すべてはゆっくりとしている。

手に入らないゆっくりとした美しさが存在する事をひょこひょこは知っています。

観てみたい映画です。

牛の鈴音

<object width="640" height="505"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/CiXVOY_k-K0&hl=ja_JP&fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/CiXVOY_k-K0&hl=ja_JP&fs=1&" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="640" height="505"></embed></object>

鈴の音…素朴な愛の音がします。

| 独り言 | comments (0) | trackback (0) |


アップルは何故コンセプトモデル(Concept Products)を造らないのか…

12月11日より福岡では「福岡自動車博覧会|福岡モーターショー2009」が開催さる。
モーターショーといえばキレイなコンパニオン?と未来を想像するニューデザインの試作車。いわゆるコンセプトカーの発表展示だ。誰もが未来のデザインに触れる事ができる。

ところで、「最も創造力に富む」といわれるアップルはコンセプトモデルを最近全く作っていない。これはSteve Jobsがアップルに復帰してだ。

スティーブ・ジョブズはこう語る。

Real Artists Ship

「真のアーティストは作品を出荷する」

これは「アイデア止まりではダメで、実際に製品となって初めて価値がある」ということだろう。「作品は存在して初めてアートになる」、「世に出すのが大事」と捉えても良いと思う。
ちなみにこの写真は1983年ごろに出されたコンセプトモデル。今のiPhoneのコンセプトモデルだろうか?

「作品は存在して初めてアートになる」

アップルの次なるアートに期待したい…

| 独り言 | comments (0) | trackback (0) |

芦名星が主演!初映画化「七瀬ふたたび−」

女優、芦名星(26)が来年6月公開の映画「七瀬ふたたび The Movie」(小中和哉監督)に主演することが4日、分かった。原作は、SF小説の金字塔として知られる筒井康隆氏(75)の同名小説で、芦名は人の心が読める超能力者を演じる。同作品が映画化されるのは意外にも初めて。製作の決め手となったのは、原作のヒロインのイメージぴったりのリンとした芦名の容姿だった。

ミステリアスかつクールなたたずまいで独特の存在感を放つ芦名が、不朽の名作をスクリーンで蘇らせる。

原作の小説「七瀬ふたたび」(1975)は、「時をかける少女」とともに“筒井康隆文学”の代表作。人の心を読む能力「テレパス」を持つ主人公・七瀬が、同じような力を持つ人々と出会い、能力者狩りの組織に狙われ、戦いに巻き込まれながらも懸命に生きる姿が描かれ、過去に4度もドラマ化された。

だが、映画化は一度もなかった。原作に魅了され、20年にわたり映画化の構想を練り続けてきた小椋悟プロデューサー(52)によると、映画化にあたり大きな壁となったのが、主人公のイメージにピッタリの女優がなかなか見つからなかったこと。「原作に忠実に描くこと」を最も重視しており、そのため七瀬役の容姿は重要なポイントだった。

生まれつき能力があるがゆえに、苦悩や葛藤にさいなまれてきた七瀬の原作でのイメージは、あくまで「クールビューティー」。だが、過去にドラマで描かれた七瀬は、若くてかわいらしいキャラクター設定だった。

主役選びに悩む中、ようやくめぐりあったのが芦名。モデルでもありスタイルは抜群。演技力にも定評がある。そしてなにより、つややかな長い黒髪と憂いを含んだ表情に、「七瀬役は芦名しかいない」と抜擢。念願の映画化にこぎつけた。

七瀬の生みの親である筒井氏も「なんと言っても今までの七瀬の中で、もっとも七瀬らしい七瀬である。強いまなざしと、凛とした態度は七瀬のキャラクターそのものだ」と太鼓判を押す。

無事撮影を終えた芦名は「七瀬が持つ能力は、七瀬にとっては特別なことではなく、『びっくり』よりは『またか…』という感情のはず。そう見えるように意識しました」とクールさに磨きをかけ、難役に挑んだ。「最初からドキドキして、最後までとぎれることなく、スピード感のある映画になりました。七瀬の心の葛藤がみなさんに伝わればうれしいです」と力強くアピールした。
サンスポより

これは楽しみ。
ボクが読書にはまるきっかけになった筒井康隆の「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」。
もう一度読んでみようかな。

| ニュース | comments (0) | trackback (0) |

| ↑ top ↑ | 古い記事へ >>

 

| 日々の泡 | ニュース | 独り言 | メモ | プロフィール | ブログトップ | 月耕社 |