GoogleはAppleの夢を見るのか?

Googleからも、ついにスマートフォン「ネクサスワン」が出ました。OSはGoogleの「アンドロイド」
うん??
お気づきの方もいらっしゃると思いますが1968年に出版された小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?」に登場するアンドロイドは「ネクサス6型」
これは偶然の一致か…なんて思ってたら、こんな記事が出てました。

いやはや、皆んな色々な夢を見て欲しいものです。

続報:「GoogleのNexus Oneは知財権侵害」(ディックの遺族談)

| 独り言 | comments (0) | trackback (0) |


2010年。あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

| 独り言 | comments (0) | trackback (0) |


この映画は、主人公のお爺さんの農業のように、「ない」ものが多い。韓国ドキュメンタリーの定番であるナレーションがない。大きな事件もおこらない。政治的メッセージもない。美しく格好いい若者もでてこない。描かれるのは、腰の曲がった老人二人と一頭の牛のみ。よろよろとした足取りで荷車をひく老いぼれ牛の動きのように、すべてはゆっくりとしている。

手に入らないゆっくりとした美しさが存在する事をひょこひょこは知っています。

観てみたい映画です。

牛の鈴音

<object width="640" height="505"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/CiXVOY_k-K0&hl=ja_JP&fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/CiXVOY_k-K0&hl=ja_JP&fs=1&" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="640" height="505"></embed></object>

鈴の音…素朴な愛の音がします。

| 独り言 | comments (0) | trackback (0) |


アップルは何故コンセプトモデル(Concept Products)を造らないのか…

12月11日より福岡では「福岡自動車博覧会|福岡モーターショー2009」が開催さる。
モーターショーといえばキレイなコンパニオン?と未来を想像するニューデザインの試作車。いわゆるコンセプトカーの発表展示だ。誰もが未来のデザインに触れる事ができる。

ところで、「最も創造力に富む」といわれるアップルはコンセプトモデルを最近全く作っていない。これはSteve Jobsがアップルに復帰してだ。

スティーブ・ジョブズはこう語る。

Real Artists Ship

「真のアーティストは作品を出荷する」

これは「アイデア止まりではダメで、実際に製品となって初めて価値がある」ということだろう。「作品は存在して初めてアートになる」、「世に出すのが大事」と捉えても良いと思う。
ちなみにこの写真は1983年ごろに出されたコンセプトモデル。今のiPhoneのコンセプトモデルだろうか?

「作品は存在して初めてアートになる」

アップルの次なるアートに期待したい…

| 独り言 | comments (0) | trackback (0) |


誰かの忘れ物。
俺もこの写真撮ってた。
Google map ストリートビュー、なんだか切ないよ。

| 独り言 | comments (0) | trackback (1) |

| ↑ top ↑ | 古い記事へ >>

 

| 日々の泡 | ニュース | 独り言 | メモ | プロフィール | ブログトップ | 月耕社 |